ブログ

ヒゲ脱毛 スキンケア

ヒゲは抜いても薄くはならない!?|ヒゲを抜くと起こる5つの危険性

2021年8月7日

ヒゲ抜く 危険

こんにちは、ISLANDサロンの角田です。今回は、ヒゲのお手入れをするときにピンセットや毛抜きを使って手軽に簡単な方法「毛を抜く」ことについて。毛を抜くお手入れは、手軽で簡単な方法ですが、さまざまなリスクがあるのです。それは…

  • 毛を抜くと更にヒゲが濃くなる
  • 雑菌が入り、毛嚢炎(赤みを帯び膿んでしまう症状)になる

など、他デメリットは、本文の中にたくさん!合わせて、「ヒゲを抜くことで起こる危険性」もあり、それは…

  1. 肌が乾燥しやすくなる
  2. 毛穴が汚くなる
  3. 埋没毛になりやすい
  4. 肌トラブルを引き起こす
  5. 色素沈着しやすい

についても、徹底解説していきます。毛を抜いてヒゲのお手入れをしている方・したことある方は、要チェックです!

 

ヒゲを抜く効果

毛抜き ヒゲ 抜く

ヒゲを抜くと毛が薄くなる効果がある。もしくは、脱毛効果がある。と思いの方は多いでしょう。しかし、毛を抜くと薄くなる、毛が生えにくくなるというのは間違いなのです。確かに、毛を抜くことで一見、薄くなったり生えてくるスピードが遅くなり効果があると錯覚しますが、毛を抜くことは、正しいお手入れ方法ではなく、どちらかというと間違った方法なので毛を抜くことは辞めましょう。

 

ヒゲを抜くことは絶対にオススメしない

男性 NG

ヒゲを抜くという行為は、肌への危険性がとても高く絶対にオススメしません。毛を抜くことがNGな理由として、

  • 時間がかかる
  • 肌が荒れる
  • 炎症を起こす
  • ヒゲを抜くのが癖になる。最悪の場合、抜毛症に陥る

などが挙げられます。ヒゲは、思っている以上に毛の本数が多く、30分から1時間かけても全部のヒゲを抜くことはできないと言われています。ヒゲは太くしっかりしている毛なので肌にとても負担がかかり、地道に時間をかけて抜いたにも関わらず、肌荒れを起こし炎症してしまったら元もこうもありません。そして、毛を抜くことが癖になってしまうと最悪の場合、抜毛癖あるいは抜毛症といった無意識に抜いてしまう症状に陥ってしまう場合があります。よって、ヒゲを抜く行為は、絶対にオススメしません。

 

ヒゲを抜いた方がいい。は間違い!

NG ヒゲ

ヒゲを抜くことで、以下のことを思ったことはありませんか?

  • ヒゲを抜くと薄くなる
  • ヒゲを抜くと生えてくるスピードが遅くなる
  • ヒゲを抜くとヒゲ剃りの手間が省ける

確かに、ヒゲを抜くことで剃り残しがなくキレイに見えたり、生えてくるスピードが遅くなった気がしてプラスかと思ってしまいます…。ですが、それは大きな間違い。なにが間違いなのか、本当のことは何か。それらについて解説していきます!

ヒゲは抜いても薄くはならない

ヒゲは抜いても毛が生えて来なくなることも、薄くなることも有り得ません。一時的に、生えて来なくなり薄くなった!と勘違いしやすいですが、ヒゲを抜いた時に毛の根本についている半透明のものは毛根鞘と言うもので、毛根ではないので結局ヒゲは生えてきてしまいます。(※毛根鞘については、以下で解説。)

ヒゲは抜くと更に濃くなる

毛を抜くと、肌にとても負担がかかるので、体が皮膚を守ろうとするためにより毛を濃くする場合があります。この現象を、防御反応と言う。分かりやすく解説すると、足など怪我をしてしまった時に傷ができた部分だけ毛が濃くなった経験をされた方・そんな話を聞いたことがある方もいるでしょう。これは、外部刺激により体を守るための防御反応なのです。毛を抜くと肌に刺激を加えてしまうので毛が濃くなる、つまり、体の防御反応と言うことが分かります。

ヒゲを抜いても脱毛効果はない

毛根 

ヒゲに限らず、体毛は全て毛乳頭という場所で作られています。毛乳頭とは、毛根の一番奥の部分で毛細血管と繋がっているところ。毛乳頭は、毛細血管から受け取った栄養や酸素を毛乳頭の周りを囲っている毛母細胞に与える役割をしています。そのあと栄養や酸素を受け取った毛母細胞が分裂を繰り返すことで新しい毛が作られていくのです。つまり、毛を生やすための役割をしている毛乳頭を破壊しない限り、どれだけヒゲを抜いても脱毛効果は無い。また、現段階で毛乳頭を破壊できる方法は、脱毛をするしか方法はない!と言われています。

 

抜いた時についてくる半透明のものは毛根?

毛 根本 毛根鞘

結果論から言いますと、その半透明の物体は毛根ではありません

ヒゲを抜いた時に、毛の根本に半透明で丸い物体がついていた経験はありませんか?多くの方は、その半透明の物体を「毛根」と思い込んでしまっています。ですが、その物体は「毛根鞘」です。毛根鞘は、毛包の一部であり、毛と皮膚を繋ぎ止める接着剤のようなものです。上記の通り、ヒゲを抜いても脱毛効果がない理由は、この毛根鞘が抜けたとしても、毛の生成を行う毛乳頭と毛の生成に必要な栄養素を受け取る気管の毛母がある限り、毛は再び生えてきてしまうからです。

また、半透明ではなく真っ白な物体が毛の根本についていた場合、それは皮脂かもしれません。根本に毛根鞘がついている場合は正常ですが、白い皮脂がついている場合は、皮膚トラブルを引き起こしている可能性があります。

 

ヒゲを抜くメリット

ヒゲ 抜く

ヒゲを抜くメリットはあるの?と、疑問に思う方は多いでしょう。ヒゲを抜くことで特に魅力的なのは、抜いた後の肌がキレイに見えることです。ヒゲを抜いた後の肌はツルツルしており、手触りが良くヒゲ自体が無くなったかのように見えるでしょう。その結果、爽やかなイメージを与え、その感覚を実感すると気分も上がり抜くのを辞めれなくなる場合があります。

他にも、ヒゲを抜いた一時的な期間は、皮膚の表面に黒くプツプツとした毛が残らないので、広範囲にわたって抜いておけば青ヒゲを防ぐことができます。青ヒゲがコンプレックスに思っている方からしたら改善の効果を期待できるでしょう。また毛根から抜いた場合は、新しく毛が生えてくるまでの間、いったんヒゲの処理をしなくて済むので、ヒゲが伸びやすく悩んでいる方には大きなメリットでしょう。

しかし、メリットと言えど、一時的なメリットが多く継続できるメリットはありません。そして、毛を抜く行為は、この記事の前半の通りさまざまなリスクを伴うので気をつけましょう。

 

ヒゲを抜くデメリット

ヒゲ 抜く デメリット

ヒゲの剃り残しや数本伸びている毛があると、気になってしまい抜きたくなりませんか?しかし、毛抜きを使って行うヒゲのお手入れは、正しいお手入れ方法ではありません。なぜなら、ヒゲを抜くことは肌や毛根を傷つけてしまううえに、とても肌への負担になってしまうからです。ヒゲを抜くことで肌トラブルが起きる?と思う方は少なくないと思います。そこで、ヒゲを抜くことで起きるデメリット・危険性を解説していきましょう。

 

肌が乾燥しやすくなる

ヒゲ 濃くなる 肌荒れ

ヒゲを抜く際、最初にダメージを受ける場所は、肌の角質層。角質層には、外部刺激から肌をバリアするための保湿機能が備わっています。しかし、ヒゲを抜くことで角質層も一緒に剥がれてしまい肌が乾燥しやすくなるのです。また、毛を抜くことを繰り返し行うことで、保湿機能がどんどん失われていく危険性に陥ります。

毛穴が汚くなる

毛穴 肌荒れ

ヒゲは、他の体毛に比べて毛が太くしっかりしており、その太くしっかりしている毛を抜くことで毛穴が開きやすくなります。毛穴が開くと、肌が乾燥によって過剰分泌された皮脂や角質が詰まり、毛穴が悪目立ち…。また、その毛穴が詰まった状態を放っておくと皮脂が酸化して毛穴の黒ずみの原因となり、さらに汚く見えてしまいます。

埋没毛になりやすい

埋没毛

肌の乾燥が進行する中で気づかずヒゲを抜き続けることで、肌はダメージを受けた影響で修復しようとし膜を作り始めます。そうすると、新しく生えてくる毛がその膜から出てこれなくなり、毛が肌の中に埋まってしまう埋没毛となります。埋没毛は、肌の外に出てこれなくても成長をし続けるので、処理にとても手間がかかり厄介。黒いポツポツのように見えることも…。ピーリングやスクラブで時間をかけて処理するか、自然に肌の外から出てくるまで待つしかないので絶対に毛を抜くことは避けましょう。

肌トラブルを引き起こす

ニキビ 毛嚢炎 肌荒れ

実は、ヒゲを抜くことでダメージを受けるのは肌だけではない!肌と同時に毛根もダメージを受けているのです。毛根に傷がつくと雑菌が入り込み、毛嚢炎を引き起こしやすくなります。毛囊炎とは、見た目はニキビのように赤く、膿んでしまう肌の炎症の1つ。しかし、しっかり保湿ケアを行っていれば数日で治るものですが、ニキビなどど間違い潰してしまうと治りが遅くなり、さいあく悪化してしまうことも…。肌にとって、どれほど保湿ケアが重要なのものか分かりますね!

色素沈着しやすい

肌荒れ 色素沈着

あまり知られていませんが、ヒゲを抜くと色素沈着を引き起こすリスクが高まります。色素沈着とは、体内のメラニン色素が活性化し肌が黒ずむこと。また、色素沈着は肌全体が黒くなるわけではなく、ダメージを受けた部分、つまりヒゲを抜いた部分だけが黒ずんでしまうので、見た目のイメージが悪くなります剃り残しなど身だしなみをキレイにしよう思い、ヒゲを抜いても真逆の行動になるので絶対にしないようにしましょう。

 

剃り残しのヒゲを抜く時の注意点

ヒゲ 抜く

毛を抜くことは、一点に力が入るために必ず肌に負担がかかってしまうものです。しかし、どうしても毛を抜く処理を行いたい場合、どのようにすれば肌へのダメージを最小限に抑えることができるのか。ここからは、肌へのダメージを抑えつつ処理していく方法を紹介します!

十分に洗顔する

清潔な状態で洗顔ができるよう、指先など手を入念に洗う必要があります。洗顔の際には、顔に汚れや脂などが残っていると細菌が発生し、毛を抜いた後の毛穴は刺激に弱く細菌やウイルスが入りやすい状態になるため十分な洗顔をしましょう。ただし、洗いすぎには注意!過剰な洗顔は汚れだけでなく肌を保護する成分も落としてしまうので、肌に負担をかけないよう優しく丁寧に。また、細菌の繁殖によるトラブルを引き起こさないためにも、ピンセットなど事前の消毒をすることも大切です。

保湿ケアをする

洗顔後は、キレイで清潔なタオルを使い、決してこすらないように優しく拭きましょう。顔にタオルを押し当てる感覚がベスト。その後に、化粧水でしっかり保湿をしましょう。洗顔後は必ず保湿ケアをすることで、肌の乾燥を抑えることができます。肌の乾燥は、さまざまなトラブルを引き起こす原因なので保湿ケアを忘れずに!

ホットタオルで蒸らす

毛を抜く前に、毛を抜く箇所の肌をホットタオルで事前に蒸らし温めておくと良いでしょう。湯気などで肌の温度を上昇させることで、血行が良くなり通常よりも毛穴が開いた状態になります。毛穴を開くことで、無理に力をかけずに毛が抜けやすい状態になり、肌への負担や毛穴が受けるダメージが少なくて済みます。他にも、ヒゲが抜けやすくなったり、ヒゲの毛質が柔らかくなったり肌への負担を抑えるメリットがあります。

毛の生えている向きに抜く

毛抜きで毛を抜く際、やみくもに毛を引っ張って抜いてしまっていませんか?ヒゲだけでなく、体毛には生えている流れがあるので毛の流れに逆らわず、真っ直ぐ毛を抜くことが大切。毛の流れに沿って1本ずつ毛を抜くことで、毛穴を傷つけるリスクを抑えることができ、肌にも必要以上の負担を与えることなく処理ができます。また、毛を抜く手とは逆の手で抜く毛の根本の皮膚を軽く押さえると効果的!

アイシングし、保湿ケアをする

毛抜きを使ったセルフ処理後は、皮膚の炎症を抑え広がった毛穴を引き締めるためにアイシングをし肌を冷やすことが重要です。毛穴が開き細菌が入りやすくなっているため、清潔なタオルやアイスシートを使うと良いでしょう。アイシング後は、必ず保湿ケアを行い、肌へのダメージを最小限に。化粧水→乳液→クリームといった入念な保湿ケアがオススメ!毛を抜いた後の肌は、バリア機能が低下し、乾燥を引き起こしやすくなっています。乾燥状態で放置することは、なによりも肌へダメージを与え、シミやくすみ・色素沈着の原因となるので気をつけましょう。また、毛抜き後の肌は敏感なために、必要以上に肌を触らないようにしましょう。

 

ヒゲの正しいセルフ処理の手順

ヒゲ剃り 男性

ヒゲの正しい剃り方は知っていますか?

  1. ヒゲを剃る前にぬるま湯で洗顔し肌を清潔にする
  2. ヒゲの生えている方向を手で確認する
  3. シェービングクリームやジェルを塗ってヒゲを柔らかくする
  4. ヒゲが柔らかくなりやすいもみあげや頬から剃り始めていく
  5. 口周りなど固いヒゲは最後に剃る
  6. ヒゲが生えている方向とは逆に剃る「逆剃り」はしない
  7. カミソリやシェーバーを洗い、乾燥した場所で清潔に保管する
  8. しっかり保湿ケアをする

これらの手順について詳しく紹介していきます。ポイントのところは、太字になっているので注目です!

 

1.ヒゲを剃る前にぬるま湯で洗顔をし肌を清潔にする

朝寝起きでも、外出後だとしても、顔には皮脂や汚れがついているものです。まずは、洗顔フォームなどを使って顔をキレイに洗顔し、冷たい水ですすぐと毛穴を引き締めてしまうため、ぬるま湯がポイント!いきなり何もしていない乾燥している肌の上にシェービングクリームなどを塗るのは肌荒れの原因に。

2.ヒゲの生えている方向を手で確認する

鼻下・ほほ・あご・あごから首にかけて、全て毛の生えている方向が異なります。ヒゲ剃りをする前に手でヒゲの生えている方向を確認してから剃ることで、基本の剃り方「順剃り」を行うことができます。ヒゲの生えている方向を知り順剃りをすることで、カミソリ負けや肌荒れを回避することができます。

3.シェービングクリームやジェルを塗ってヒゲを柔らかくする

シェービングクリームやジェルを塗って、ヒゲを柔らかくしましょう。ヒゲの固い方や、鼻下やあごといった固いヒゲのところには3~5分ほど待つとより良いです。(使用する商品の説明をよく読み記載されている時間を参考にしてください)また、アロエ成分配合など、肌を優しく保湿しヒリヒリ感を抑えるシェービング剤もオススメ!

4.ヒゲが柔らかくなりやすいもみあげや頬から剃り始めていく

ヒゲが濃い人は特に、深剃りの方が剃っている感があるため始めから逆剃りをしたくなりますが、逆剃りは、肌に多くの負担をかけ、出血など肌トラブルを起こしてしまいます。まずは、順剃りをして、剃り残しなど気になる場合は、逆剃りをしまよう。剃る順番としては、皮膚がつよく毛質の柔らかいもみあげから剃っていくのが良いでしょう。

5.口周りなど固いヒゲは、最後に剃る

鼻下や口下・あご部分のヒゲは硬く剃りにくいです。剃る順番を最後の方に回し、できるだけ柔らかくなってから剃るようにしましょう。そして、一気にカミソリを滑らせずに、短いストロークで剃っていくことがキレイに剃るポイント!また、こまめにカミソリに付着した毛を洗い流したり、シェービング剤を付け足したりとすることで、カミソリの剃り味を維持することができます。

6.ヒゲの生えている方向と逆に剃る「逆剃り」はしない

基本の剃り方の順剃りだけでは満足せず、逆剃りをしてしまいたくなりまずが、あやまった方法の「逆剃り」は、肌荒れを引き起こしてしまう大きな原因となります。最初から逆剃りをしてしまうと、ヒゲと一緒に皮膚の一部を削ってしまい、出血やヒリヒリ感が出てしまったりと肌トラブルに繋がってしまいます。まずは、順剃りをして、その後に剃り残しなど気になるところがある場合に限り、逆剃りをすることで、肌への負担を抑えつつキレイに剃ることができます。

7.カミソリやシェーバーを洗い、乾燥した場所でキレイに保管する

毎回ヒゲ剃りを行った後は必ず、流水で洗いましょう。刃の隙間に引っかかっていたりする細かい毛などが、きちんと洗い流されているか確認しましょう。流水でクリーニングしたくない場合は、コップなどに水を貯めて、カミソリの刃を素早く潜らせて洗浄する方法もあります。キレイに洗い流した後は、余分な水分を振り落とし乾燥した場所で清潔に保管しましょう。湿気の多い場所などで保管すると、サビる原因となったり細菌が増殖してしまいます。

8.セルフ処理後の保湿ケアは入念に

剃り終えたら冷水で、肌に付着した細かいヒゲなどをキレイに洗い流しましょう。ここでのポイントは冷水!冷水で洗うことで毛穴が引き締まり、ヒゲ剃り後の肌は、赤みやかゆみが出やすいためにそれらを防ぐ効果があります。キレイに洗い流し後は、肌を保湿しましょう。なるべく化粧水で終わらせず、化粧水→乳液→クリームなどで入念にしっかりと!また、肌を乾燥させないことで肌トラブルを回避することができます。(自身の肌に合った商品で保湿ケアを行うことと、アルコール成分の入っていない刺激の少ないものがオススメです。)

 

ヒゲ脱毛のメリット

メンズ脱毛 施術

男女ともに清潔感が求められる昨今、ヒゲ剃りがめんどうであったりヒゲの濃さに悩んでいる方を中心にヒゲ脱毛がメジャーになってきています。ヒゲ脱毛を行った約7割の方がヒゲ脱毛にメリットを感じているといった結果も!また、女性の多くはヒゲがない状態の男性を好むためヒゲ脱毛をしている男性の方がモテる傾向に…。そこで、ヒゲ脱毛にはどんなメリットがあるのか紹介していきます!

朝のヒゲ剃りから解放される

朝のヒゲ剃りは、数分だとしてもとても面倒に感じる方が多いでしょう。ヒゲ脱毛をすることで、これまで毎朝ヒゲ剃りにかかっていた時間や手間がなくなり、朝の時間に余裕を持つことができます。ヒゲ剃りのために早起きをしなくて済みますし、時間がない中に焦ってヒゲ剃りをすることで肌荒れするリスクもなくなります。時間を有効に利用し、有意義な時間を過ごせると言えるでしょう。

肌がキレイになる

ヒゲ剃りで使用するカミソリや電気シェーバーは、便利ではあるもののお肌に負担をかけてしまっています。ジョリジョリと剃り残しがないように逆剃りや深剃りをしがちですが、それはカミソリやシェーバーを肌に強く当てているために肌が切れてしまったり、赤くブツブツした炎症を起こしてしまったり肌トラブルの原因。ですが、ヒゲ脱毛をすることで、肌にダメージを与えなくて済むのでキレイなお肌を保つことができます。肌荒れに悩んでいたりツルツルのお肌を手に入れたい方は、ヒゲ脱毛を考えてみると良いでしょう。

コスト削減になる

ヒゲ剃りには、特にコストがかからない。と思っている方は多いのではないでしょうか。カミソリや電気シェーバー、シェービング剤やスキンケア商品などさまざまなアイテムが必要になります。それらのものは、消耗品なためまた買い足さなければならないものばかり。長期的に考えると、コスト的に高額になることは誰も予想できることでしょう。そう考えると、早いうちにヒゲ脱毛をすることで、生涯かかるコストが少なくて済み、節約につながります!ちなみに、ヒゲ脱毛をするにも費用がかかりますが、生涯ヒゲ剃りに費やす費用に比べたら約1/4で済むという結果も出ています。

 

痛みの少ない脱毛「ルミクスA9」

ルミクスA9

脱毛をすると決めたのならば、なるべく痛みを感じずに行いたいものですよね!そこで、痛みの少ない「ルミクスA9」の紹介をしていきます。ルミクスA9は、SHR方式の光脱毛。従来の光脱毛とは、毛に対するアプローチ方法が異なり、痛みを軽減しながら施術ができる新しい脱毛方式です。痛みに関していったいどのような違いがあるのかというと、従来のものは、皮膚の奥深くにある毛根に約80度の熱を発生する光と強いダメージを与え、毛が生えてこないようにする脱毛法です。強い痛みと熱さが同時に伴い、人や部位によっては火傷のような症状が出てしまう場合もあるほど。一方、SHR方式の脱毛は、毛根ではなく毛包(毛を覆っている袋)にアプローチをしていきます。弱い光を短時間で蓄積しなが照射することで痛みも熱さも感じず、あっという間に終えることができます。

なぜ、低い温度でも効果があるのかというと、毛包は毛根に比べて低温で弱い光でも十分に脱毛効果を得ることができるためです。また、単発式で毛根にダメージを与えるのではなく、連射式で発毛の司令塔であるバルジ領域にダメージを与えていくので痛みや熱さが少ないこともポイント!

 

短期間かつ、どんな毛色や肌色でも脱毛可能

日焼け 日焼け止め

脱毛方式の中で、今1番早く脱毛完了できるとされているものが「SHR方式」。上記の通り、ルミクスA9もSHR方式の光脱毛の中の1つ。SHR方式は、毛周期に関係なく施術ができるので次回の脱毛までの期間を最短2~3週間空けていただければ、とてもスピーディーに脱毛をしていくことが可能です。また、SHR方式の「ルミクスA9」の良いところは、黒いメラニン色素にアプローチするものではないので、日焼け肌や色黒の方も施術可能であり、またシーズンによって日焼けをしてしまう方も期間を空けずに気にせず通うことができます。

また、肌の色については、上記の通り、色白の方から色黒の方まで、気にせず脱毛可能です!毛色については、黒い毛はもちろんのこと、白髪や金髪の毛にもアプローチが可能です。従来のものでは、黒いメラニン色素にしか反応できなかったために黒い毛にしかアプローチできなかったのですが、最新のマシンでは、どんな色の毛にも対応できるので安心して脱毛していくことができます。

 

新潟でヒゲ脱毛するならISLANDメンズサロンがオススメ

脱毛サロンISLAND

当サロンは、「SHR方式のルミクスA9」を導入しております。今、通っていただいている会員様方から「痛くない」「施術時間が速い」「まだ2.3回目なのに効果が出て嬉しい」などといった、嬉しいお言葉をいただいています。また、完全予約制であり完全個室のサロンとなっているためコンプレックスに感じている方も、誰とも会うことなく来店から退店までが可能です。

ISLANDサロンでは、どなたでも初回に、「無料体験+カウンセリング」を実施しております。脱毛サロンはどんなところ?や、どこのサロンに通おうか迷っている。痛みはどんな感じ?など、気になることがある方や脱毛を考えている方は、ぜひ下記の予約フォームからお問い合わせください。入会を決める前に、疑問・悩みを少しでも解決し、自身に合ったサロンを見つけていただけたら嬉しいです!

当サロンのご予約は、こちら。ご予約フォーム|https://island-salon.com/contact/

 

  • この記事を書いた人
エステティシャン 角田渚

エステティシャン 角田渚

脱毛は見た目も変わりますが、コンプレックスが無くなり、気持ちがスッキリ!ポジティブになります。 ISLANDメンズサロンで脱毛と同時に美意識アップ! 【綺麗になりたい】と思うお客様のお気持ちを大切に丁寧な施術と、少しでもリラックスしていただける様に心がけております! ルミクスA9は日焼け肌の男性もご利用可能です。

-ヒゲ脱毛, スキンケア